より心の届く お参りの御作法

 
冥加みょうが正直せいちょくを以って本と為す(神社神道の言葉)

祈りは、より清らかな心、正しい作法を心がける事で、
初めて大神様の御心にかないます。


このページでは、お参り慣れない方への基本的な『作法、心得』をご紹介します。
まず始めに、基本的な『お参りまでの流れ』を、順を折ってご説明致します。



◇参道での作法

〜 神社を訪れて、最初に心得ておくべき事柄など 〜


・境内へ入るとき

一、鳥居の前で一度立ち止まり、軽くお辞儀をしてください。
 (人の部屋へ入るときと同じく、境内へ入る際のご挨拶となります。)


・参道を歩くとき
一、神様のお通りになる道である『正中せいちゅう』(参道の真中)
 を避け、参道の左側からお入りください。





◇◇◇ 続きの作法 ◇◇◇
◇『手水てみず』 〜心身をお清めします〜
◇『御拝礼』 〜日頃の感謝。そして祈りを神様にお伝えします〜

※続きのページは、随時更新いたします